イメージ画像

初大仏様に感激!

「せっかく横浜にいるんだし、ちょっと足を伸ばして鎌倉まで行ってみよう!」と、
全員の意見が一致しました。
わたしもみんなも、鎌倉へはまだ一度も訪れたことがありません。

「やっぱり大仏様を拝んでおかないとね」ということで、JR鎌倉駅から江ノ電に乗車。
長谷駅で下車し、大仏様のいる高徳院を目指しました。

お土産物屋さんなどが並ぶ通りをトコトコ歩き、いざ高徳院へ。
門をくぐると、さっそく目の前に現れる大仏様。

大仏

実物の大仏様はわたしが想像していた以上に大きくて、ちょっとビックリ。
それでも今まで写真でしか見たことのなかった大仏様が目の前にいるのかと思うと、
感激もひとしおです。

ところで、鎌倉の大仏様はその内部に入ることができるんですよね。
もちろん友人とともに入ってみました。
ちなみにこの大仏様、鎌倉時代を代表する仏教彫刻として国宝に指定されているそうですね。
それに奈良・東大寺の大仏様がかなりの補修が必要だったのに対し、鎌倉の大仏様は
ほぼ造像当初の姿を保っているのだとか。
屋外にあって雨ざらしなのに、そのままの形で残っているなんてすごいですよねー。

そんなワケで、初大仏様に感激のわたしたち。
アメリカ人の友人たちも「すばらしい!」を連呼してました(笑)。


★オススメサイト★
ノアエルグランドレクサスRX

浅草散策

魅力的なエリアが満載な東京だけれど、やっぱり日本らしいエリアに宿泊しよう!
というワケで、「浅草」のホテルをチョイスしたわたし+アメリカ人の友人3名。

ホテルへチェックインした後、わたしたちが向かったのは『雷門』でおなじみ浅草・浅草寺。

浅草

初めて知ったのだけど、浅草寺は東京都内最古のお寺なんだそうですね。

参拝後は、たくさんのお土産物屋さんが並ぶ仲見世通りを散策しました。
お箸のお店ではキレイな桜模様のものを買い、お土産物屋さんでは日本の絵画をモチーフにした
ポストカードを買っていた友人。
ちなみにお箸は家族にあげるそうです。

そう言えばわたし、少し前までお箸なんて日本通(または日本食好き)の外国人しか
使わないのかと思っていたけれど、実はお箸って案外身近な存在なんですよね。
チャイニーズのテイクアウトでも、みんな割り箸で食べてるし・・・。

そうゆうわたしの友人たちも、お箸の使い方がとても上手。
最近ではちゃんとお箸が持てない日本の若者が増えているらしいけれど、友人たちは
正しいお箸の持ち方をちゃんと心得ています。

日本らしいグッズを次々と購入していく友人たちを横目に、人形焼きの試食に励むわたし。
とは言え試食したものの、結局なにも買いませんでした(笑)。


このページの先頭へ