イメージ画像

あれが今話題の・・・

わたしたちが宿泊した浅草のホテルからは、今話題の「東京スカイツリー」が
とてもよく見えました。

スカイツリー

ちなみにオープンは2012年5月22日だそうですね。

この東京スカイツリー、高さは634・で自立式鉄塔としては世界第1位なんだとか。
しかも2011年11月17日には、世界一高いタワーとしてギネス世界記録の認定を受けたそうです。
確かに、実物を見てビックリ!
本当に高いんですもの・・・。

存在感も抜群で、最初に目にした時はみんなで思わず
「おお〜!」なんて感動してしまいました(笑)。

完成すれば日本一の建造物(&世界一の電場塔)になることもあって、
各種マスメディアで大きく取り上げられている東京スカイツリー。
そのため今では「東京の新名所」的存在になっていて、休日ともなれば
建設中のタワーを見物する人で周辺は混雑しているそうです。

このタワーが建設される前は、東京と言えば東京タワーだったのに。
なんだか東京タワーがないがしろにされてる気がして、何度か訪れたことのあるわたしとしては
ちょっと淋しい気も。

アメリカ人3人組に「東京タワー見物に行く?」ってたずねたら、
「別にいいや」って言われたし(苦笑)。
そうゆうわたしも、実は東京スカイツリーを見てけっこう興奮(笑)。
やっぱり人間って、なんだかんだ言って新しもの好きですよねぇ。


★オススメサイト★
フィットシャトルインサイト

見ざる、言わざる、聞かざる

一度は訪れてみたいと思っていた「日光東照宮」。
日本旅行するからには「絶対行かなきゃ!」ということで、東京滞在中に
日光まで足を伸ばしてみました。

日光東照宮といえば、さまざまな動物の木彫像があることでも有名ですが、
中でも知られているのが左甚五郎の作品と言われている「眠り猫」と
「見ざる、聞かざる、言わざる」の三猿。

日光

ところでこの三猿、神厩舎に施された8枚の浮彫画面のうちの1枚なのですが、
この8枚で猿の一生が描かれていて、ひいては人間の平和な一生の過ごし方を
表しているんだそうです。

ちなみに「見ざる、言わざる、聞かざる」は、
「幼少期には悪事を見ない、言わない、聞かない方がいい」っていう教えなんですって。

日光東照宮の印象は、他の神社と違ってとってもきらびやか。
豪華な装飾が施された門や、丁寧に造られた社殿の数々。
国宝・重要文化財に指定されているだけあり、どれもが美しくて華やかです。

さすが天下の徳川家、その権力と財力には言葉も失ってしまうほどです。
絢爛豪華な建物の数々に、思わず感嘆の声があがります。
「日本人って本当に器用なのね」と、その丁寧な仕事ぶりに感動するアメリカ人たち。
日本人のわたしでさえも、これらを造った人たちに尊敬の念を抱きます。
昔の人って、ホントにすごいですねー。


このページの先頭へ